お知らせ

佐野美術館「追憶の美人 日本画家・鏑木清方」(2014年4月5日〜5月11日)

近代日本画に大きな足跡を残した美人画の巨匠、鏑木清方(かぶらき きよかた)の展覧会が佐野美術館(静岡県三島市)で開催されます。
明治11年(1878)、東京神田に生まれた清方は、「やまと新聞」創立者で戯作者でもある父・條野採菊の影響で、芝居と読書の好きな少年へと成長していきました。13歳で日本画家・水野年方へ入門し、やがて挿絵画家として独立。泉鏡花とも親交を結び、一流文芸雑誌の口絵を飾るようになります。明治30年代からは日本画の制作に取り組み、文展や帝展などの官展へ出品して、日本画壇における地位を確立しました。
一方で、大型作品による会場芸術ではなく、手元でじっくりと鑑賞することのできる「卓上芸術」を提唱し、独自の画境を拓いています。昭和29年(1954年)に文化勲章を受章。鎌倉市鏑木清方記念美術館がある雪ノ下において、昭和47年(1972年)93歳の生涯を閉じるまで、日本画の重鎮として活躍しました。

清方は明治から大正、昭和と世の中が大きく変貌した時代にあって、日本の古きよき文化や風習が失われていくのを惜しみ、幼いころより親しんだ明治期の風俗や芝居などを生涯のテーマとして描き続けました。
今展では、挿絵画家時代の作品に始まり、官展で発表した代表作や、歌舞伎や芝居をテーマにした情緒たっぷりの日本画、情趣豊かな美人画など、あわせて約80点の作品を一堂にご覧いただけます。

 

◆招待券プレゼント◆
本展の招待券を先着で10名様にプレゼント致します。
応募期間:2014年4月2日(水)~4月30日(水)
ご応募の際は《お問い合わせフォーム》よりタイトルに【鏑木清方展招待券応募】と必ず明記の上、
・メールアドレス
・お名前
・ご住所
・お電話番号
をお送り下さいませ。
(個人情報保護方針に関しましてはこちらをご参照下さい)

 


post_news07_thum

「追憶の美人 日本画家・鏑木清方」

<会期>2014年4月5日(土)〜5月11日(日)
午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで)
<休館日>木曜
<入館料>一般・大学生1,000円 小・中・高校生500円
(15名以上の団体は各2割引)

【ギャラリートーク】
4月12日、19日、26日、5月3日、10日(いずれも午後2時〜)
<参加費>無料(申込不要)

【講演会】「鏑木清方――その生涯と描かれた美人画」
4月27日(日)午後2時〜4時
<講師>宮﨑徹(鎌倉市鏑木清方記念美術館副館長・主任学芸員)
<定員>60名(要申込・先着順)
<参加費>500円

<会場>佐野美術館(静岡県三島市中田町1-43)
TEL: 055-975-7278
http://www.sanobi.or.jp

お知らせバックナンバーへ

お知らせカテゴリー