リンク

【美人画が見られる美術館】

東京国立近代美術館
明治時代後半から現代までの近現代美術作品(絵画・彫刻・水彩画・素描・版画・写真など)を随時コレクションしている。収蔵品は9000点超におよぶ。
上村松園《母子》、鏑木清方《墨田河舟遊》、小倉遊亀《浴女 その一》、土田麦僊《湯女》などを所蔵。

京都市美術館
明治以降から現代までの日本画、洋画、工芸作品などを中心に収集・展示をしている。
竹内栖鳳《絵になる最初》、千種掃雲《ねざめ》、上村松園《待月》、西山翠嶂《槿花》、梥本一洋《餞春》、菊池契月《少女》、中村大三郎《ピアノ》、北野恒富《いとさんこいさん》、佐藤光華《大原の人》、不二木阿古《夏の日》、太田聴雨《種痘》などを所蔵。

松伯美術館
上村松篁・上村淳之から寄贈された作品をを基礎にして、近畿日本鉄道が基金出捐して設立された美術館。
松園、松篁・淳之の作品等の収集・保管・展示を目的としている。
上村松園《花がたみ》《花見》《娘》《鼓の音》《人形つかい》などを所蔵。下絵も多数コレクションしている。

鏑木清方記念美術館
鏑木清方の終焉の旧居跡に建てられた美術館。
画業と創作の場を後世に伝えてほしいという遺族からの希望のもと、美術作品・資料および土地建物が鎌倉市へ寄贈され、開館となった。
昭和29年に建築した住居の部材をそのまま使用して再現した画室などがある。
鏑木清方《朝涼》《一葉女史の墓》《朝夕安居》《にごりえ》《註文帖》などを所蔵。

名都美術館
近現代の日本画を中心にコレクションしている美術館。美人画は特に充実している。
上村松園《人生の花》《春秋》《わか葉》、鏑木清方《初夏の化粧》《西鶴 五人女のおまん》《春の光》、伊東深水《湯気》《春宵》《鏡獅子》、伊藤小坡《春のよそほい》《春駒の図》《夏の夕》などを所蔵。

足立美術館
日本庭園の美しさでも知られる美術館。近代日本画を中心としたコレクションで構成され、130点におよぶ横山大観の作品がある。
上村松園《娘深雪》《待月》、鏑木清方《紅》、寺島紫明《美人》、伊東深水《夢多き頃》などを所蔵。

ウッドワン美術館
近代日本画のほか、マイセン磁器、アール・ヌーヴォーのガラス作品、清代の陶磁器、薩摩焼の5つの分野を中心としたコレクションがある。
上村松園《桜可里》《舞仕度》《雪吹美人図》《美人之図》、黒田清輝《木かげ》、岡田三郎助《花をもてる裸婦》などを所蔵。

山種美術館
近代日本画を中心に所蔵。5点の重要文化財がある。
上村松園《砧》《春芳》《牡丹雪》、鏑木清方 《伽羅》、池田輝方《夕立》、伊東深水《婦人像》、土田麦僊《大原女》、松岡映丘《春光春衣》などを所蔵。

水野美術館
近現代の日本画を中心に所蔵。地元信州の飯田市出身である菱田春草のコレクション数は日本一。美人画も充実している。
上村松園《夕べ》、鏑木清方《花ふゝ゛き・落葉時雨》、伊東深水《五月空》、池田輝方《木挽町芝居茶屋(編笠茶屋)》、池田蕉園《貝あはせ》、伊藤小坡《美人納涼之圖》、菊池契月《花之秋》、菊池華秋《夕涼み》、中村貞以《鏡獅子》、白鳥映雪《想》などを所蔵。

古川美術館
上村松園《初秋》《時鳥一声》、鏑木清方《夏の日盛》《夕立》、伊東深水《ほたる》《香衣》、伊藤小坡《虫賣》《春寒》、梶原緋佐子《舞妓》《清香》、広田多津《春装》、横尾芳月《立姿》、小早川清《夏の夕》、寺島紫明《舞妓》などを所蔵。

伊藤小坡美術館
伊藤小坡の作品について調査研究に力を入れている。小坡は猿田彦神社宮司宇治土公貞幹の長女として生まれている。
伊藤小坡《秋草と宮仕へせる女達》《秋好中宮図》《伊賀のつぼね》《乳人浅岡》などを所蔵。

講談社野間記念館
講談社初代社長野間清治氏が収集した「野間コレクション」を中心に展示。講談社の出版事業にかかわる貴重な出版文化遺産も数多く所蔵している。
上村松園《十二ケ月図》、北野恒富《十二ケ月図》、山川秀峰《蛍》、土田麦僊《春》などを所蔵。

【美人しぐさ的おすすめスポット】

細見美術館
琳派や伊藤若冲など江戸時代の絵画や平安時代の仏画をはじめ、日本の美術工芸のほぼ全ての分野・時代を網羅し、重要文化財 20数件、重要美術品認定物件を多数含むコレクションを保有。

櫛かんざし美術館
江戸から昭和に至る櫛とかんざしを中心に、紅板、はこせこ、かつら、矢立等に及び、その数はおよそ4000点。収集家・岡崎智予氏のコレクションを一括継承し、さらに新規の収蔵品を加えて、集大成としている。

三味線・琴専門店 亀屋邦楽器
東京都公認伝統工芸士の三味線専門店。三味線・箏の販売、張替、修理をしてくれる。沖縄三線、和胡弓も。Webサイトでは、作業の様子や三味線よくある質問等も掲載。丁寧な仕事で、地元はもちろん日本全国のプロからアマチュアまでを顧客に持つ。

ルーサイトギャラリー
日本画家・小早川清の作品のモデルにもなった昭和の歌手「市丸」の屋敷を改装したギャラリー。イベントや展覧会を積極的に開催しているほか、2階には隅田川を見渡せるカフェ(不定休)が併設されている。また、平日と一部の土曜日にはバーもオープン(要ワンオーダー)。

かざり工芸三浦
金、銀、銅、真鍮などの金属でつくられている「錺かんざし」を専門的に行う唯一無二の職人。今年6月にご自宅の一階に工房ショップをオープン。花や植物、縁起物など、繊細なモチーフの錺簪が販売されているほか、修理・修復・お誂えも可能。

磯貝べっ甲専門店
べっ甲製品を親子三代に渡って作り続けている。櫛やかんざし、帯留め、アクセサリーなどのほか、古くなったべっ甲製品のメンテナンス、リメイクも柔軟に対応してくれる。